November 08, 2010 | Author: boss
  商品受入伝票の入力はここから行います。
  日付は「yy/mm/dd」の形式で登録してください。
  ("年"は西暦の下2桁で登録します。)
  商品コードは、当社では問屋さんの伝票についている商品コードで
  登録していますが、任意のコードを割り当てることも出来ます。
  受入数量は1本単位の数量で登録してください。
  問屋さんによっては、ケース数で伝票があがっていたりしますが、
  取扱数量明細書の段階では、○○mlのビールが○○本売れた
  というような表記の仕方だと思いますので、取り扱う最小単位で
  統一されたほうがよいですね。

  < 新規商品(未登録商品)の登録 >
  新規商品(未登録商品)の新規登録もここから行ってください。
  通常商品コードを入力すると、品名が表示される部分から、
  直接登録することが出来ます。
  コードを入力しても、品名が出てこないものはここから登録しましょう
  酒類別と問屋名は、初期設定で登録してあるものがプルダウン
  メニューで簡単に選択できます。

  <登録済み商品コードの検索・変更・削除>
  登録済みの商品コードの検索・変更・削除はここから行ってください。
  商品名の一部を入力するダイアログボックスが表示されますので、
  ここで商品名のキーワードを入力してください。
  OKボタンをクリックすると、入力したキーワードを商品名に含む
  アイテムが一覧表示されます。
  この画面から、変更する箇所にカーソルを持っていき、直接編集を
  してください。
  アイテムを削除する場合は、削除ボタンをクリックすると、該当する
  行のデータを削除します。
  ここでの削除は、一度行うと復旧できませんので注意してください。
  コード削除しても、以前入力した受払データはそのまま残りますが、
  削除したコードを含む受払データの集計は、正確ではないものに
  なりますので、ご注意ください。



Category: ソフトウェア事業部 [207]